こんにちは。月・火担当の鈴木です。

暑い日が続きますね。
昨日は浜松市の気温が国内最高記録をたたき出したということで,全国テレビでもウェブニュースで何度も「浜松」の地名を目にしました。
暑い地域といえば毎年聞くのは埼玉県の熊谷市や岐阜県の多治見市というイメージが強かったのですが、そこに名を連ねていたり,県外の友達から「浜松大丈夫!?」とLINEが飛んできたりすると,「やっぱり特別に暑いんだな」という実感が強まるものです。
まだしばらくはコロナ対策に加え,熱中症予防もこれまで以上に気を付けなければならないと気が引き締まりました。


さて,連休明けの昨日,8月の頭に実施した標準模試の結果がかえってきています。
受験した中3生のみなさんにはおって返却します。
志望校判定のある模試は馴染みがないという人も多いはずです。
採点されたテストの答案と一緒にきた個人成績表には,平均点・偏差値・判定の詳細など,今のみなさんに必要な情報がぎっしりつまっています。

模試の結果を見て
「思ったよりもできていない……」
と焦りを感じても,あくまでこれは半月前のみなさんの実力です。
そこから夏休みが始まって,勉強量はぐんと増えたはず。
もちろん模試の点数自体も重要なものですが,ここからどの教科に力を入れるか・見直す必要があるかを前向きに考えることが一番大事です。

夏休みはあと1週間。
学調まではのこり15日。
全速力でいきましょう。
20200818_013424